6月のイベントスケジュールはこちら⭐️

カラダを温める鶏肉

カラダを温める鶏肉

我が家のいぬ達は、手作り食で育てている。
手作り食の犬の方が、長生きするというデータもある。

いぬにお肉といえば、何故かしら『ささみ』と言われる。

『ささみ』は、糖質、脂質が少なく、
ビタミン・ミネラルではナイアシンとセレンの成分が高い。
タンパク質は、100gあたり23.9gほど。

ヘルシーではあるが、自然界では、ささみだけ食べることはない。
なので、いろいろな部位を与える方が良い。

鶏肉

主な栄養素は、
イミダゾールジペプチド、コラーゲン、タンパク質、ビタミンA,B6、飽和脂肪酸。

薬膳では、
氣を補う
お腹を温める
体力増強
と言われている。

体質:気虚、血虚、陽虚、水毒

五性(カラダを冷やす、温める):温

五味(味が持っている効能):甘

影響する臓腑 :脾・胃

主な作用 :
嘔吐、下痢、食用不振、体力増強、疲労回復など

主な栄養素:
イミダゾールジペプチド、コラーゲン、タンパク質、ビタミンA,B6、飽和脂肪酸

肉の色の分類:白

鶏肉の食事の一例

鶏肉丸ごとと言えば、参鶏湯や水炊きを思い浮かべてしまうが、
濃い味付けをしていなければ、愛犬一緒に食べても良さそうだ。

スーパーでも、レバー、ハツ、モモ、ムネ、ささみなら、いつでも手に入る。

気をつけるのは、骨。
鶏の骨は縦に割れて、消化管に刺さるから危険と言われているが、
生だと噛み砕いても尖った状態にならないので、良いとのこと。

ただ、不安なら与えない方が良い。
ちなみに、我が家は小型犬なので、与えていない。

鶏肉、コラーゲンが豊富なので、
乾燥肌の我が家の愛犬にも、私にもありがたい。

いぬごはんカテゴリの最新記事

PAGE TOP