6月のイベントスケジュールはこちら⭐️

豚肉のゴリヤク

豚肉のゴリヤク

我が家のいぬ達は、手作りご飯で育てている。
メインの食材はお肉。
もちろん、犬は肉食だからだ。

いろいろな肉や魚を、数日から1週間単位でローテーションしている。
豚肉、鶏肉がお手頃価格なので、出番が多い。
100g100円以下で購入し、冷凍している。

でも、安いからだけが理由ではなく、
薬膳としてのゴリヤクが有難いからでもあるだ。

豚肉

主な栄養素は、
コラーゲン、タンパク質、ビタミンB1,B2、飽和脂肪酸。

薬膳では、
腎の働きを助け、氣血を補う
滋養強壮
カラダに潤いを与える
と言われている。

体質:気虚、血虚、陰虚

五性(カラダを冷やす、温める):平

五味(味が持っている効能):甘・しん(塩辛い)

影響する臓腑 :脾・胃・腎

主な作用 :
滋養強壮強壮、乾燥肌、空咳、喉の乾き、便秘、貧血など

主な栄養素:
コラーゲン、タンパク質、ビタミンB1,B2、飽和脂肪酸

肉の色の分類:ピンク

豚肉の食事の一例

タンパク源を生で与えると、酵素も効率よく摂れるが、
ドッグフード慣れしていたり、お腹の調子がデリケートな場合は、
加熱することをおススメ。

ちなみに、筆者の愛犬のうち一匹は、
肝臓の機能が生まれつき弱いトイプードル(♂)。

薬膳(東洋医学的に)では、腎の働きを助けると、
肝臓にも良い影響があるとされているので、積極的に与えている。

もう一匹のトイプードル(♀)は、
カラダが小さく、骨も細く、乾燥肌で、カサカサ。

筋肉と体力をつけるために、豚肉は強い味方だ。

ペロリと食べてくれると、とても幸せな氣分になる。
それが1番のゴリヤクかもしれない。

いぬごはんカテゴリの最新記事

PAGE TOP